中国ワクチン、有効性に疑問の声も計画維持

タイ保健省食品医薬品委員会(FDA)は、新型コロナウイルスのワクチンで2~4月に到着する予定の200万回分(100万人分相当)を供給する中国の製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)に対し、今月中に全ての情報を提出するよう求めたと明らかにした。同ワクチ…

関連国・地域: 中国タイ
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:いよいよタイでも新型コ…(03/03)

20年のCO2排出量が1割減 コロナで輸送減少、石炭由来は増(03/03)

ASEAN加盟国の非難強まる ミャンマー情勢、主要国が自制要請(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

1月のメーカー別車輸出、9社中5社が増加(03/03)

タイの仕向け地別の車輸出台数(21年1月)(03/03)

コロナワクチン、5月に接種希望の登録開始(03/03)

コロナ後はデジタルと人材開発が鍵=シンポ(03/03)

市中感染39人、首都北郊で高齢男性死亡(2日)(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン