制限令で操業可能な業種追加要請、製造連盟

マレーシア製造業者連盟(FMM)は、首都圏を含む8州・連邦直轄区に13日から敷かれた厳格な活動制限令下で、操業が認められる業種の追加を政府に要請している。繊維・衣料品や靴などの業種は輸出先への納期を守れないと違約金が発生することや、セメントなどの業種は設備を24時…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 繊維その他製造サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

内国歳入庁、5日から通常体制で業務再開(12:38)

隣国から電力輸入、試験事業の公募開始(18:01)

首都圏など条件付き制限令に きょうから移行、出社上限は維持(03/05)

新規感染2063人、4日ぶり2千人台(03/05)

RM1=26.4円、$1=4.06RM(4日)(03/05)

政策金利1.75%で据え置き、4会合連続(03/05)

プロドゥアの小型SUV発売、月3千台目標(03/05)

エンジニアリングのセルバ、宇宙庁と提携(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン