• 印刷する

テイクオフ:北京の友人によると、最…

北京の友人によると、最近は市外から入ってくる人がめっきり減ったような気がするそうだ。北京への通勤圏都市である河北省廊坊市で感染者が確認され、すぐさまロックダウンが実施されたこともあるだろう。首都防衛の動きはいつもながら素早い。

北京ではどんな小さな店でも「健康コード」の提示を求められ、出入りがいっそう厳格になっているとのこと。知り合いが所属する北京の大学でも閉鎖式管理が取られ、不要不急の学外への外出を禁じる措置が取られているという。

今年は各地でも帰郷せず勤務地で春節連休を過ごすよう呼び掛けられている。帰郷しなければお年玉やスマホの容量が無料でもらえるところもあるそうだ。あの手この手で帰省を思いとどまるよう働きかけているようだが、果たして効果はいかほどか。心置きなく家族のもとに帰れる日が早く来ますように。(優)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

MLF金利据え置き、5000億元を供給(01/15)

制裁対象株除外の方針撤回 最大ETF、「非米国人」理由に(01/15)

20年の貿易額が過去最高に 医療、巣ごもり需要で輸出拡大(01/15)

華南日系、日中ビジネス往来「改善望む」(01/15)

商務省の国際貿易交渉代表、3年ぶり任命(01/15)

中国ワクチン、有効性に疑問の声も計画維持(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

20年の中古車取引、3.9%減の1434万台(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン