• 印刷する

外務省、累計33万人にコロナ退避支援

フィリピン外務省は4日、新型コロナウイルスの流行に伴い海外からの退避支援を実施したフィリピン人の数が、2020年2~12月の累計で32万7,511人に上ったと発表した。海外で失業した出稼ぎ労働者などを支援した。

帰国者を地域別に見ると、中東からが22万8,893人と最も多く、全体の69.9%を占めた。以下、アジア太平洋地域が11.3%、北米・南米地域が9.5%、欧州が8.8%、アフリカが0.6%と続いた。

単月では12月が5万1,770人と最も多かった。シリアやレバノン、バーレーンなどの中東地域に滞在していたフィリピン人の帰国を支援した。

外務省は昨年2月9日、中国の湖北省武漢市に最初の退避便を飛ばした。3月以降も各国にチャーター便を手配し、国民の帰国を支援した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

南ア型変異株、新たに52人の感染確認(03/05)

コロナ感染新たに3045人、計58万7704人(03/05)

従業員向けにワクチン調達 大手企業、無料で接種促進へ(03/05)

ワクチン第2弾到着、アストラゼネカ製(03/05)

コロナ感染新たに2452人、計58万4667人(03/05)

ピナツボ火山、警戒水準「1」に引き上げ(03/05)

無印良品、オルティガス店を改装(03/05)

セブン銀、ATM事業を開始(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン