• 印刷する

21年の外食産業、2.6%成長=カシコン予測

タイの商業銀行大手カシコン銀行傘下の民間総合研究所カシコン・リサーチ・センターは25日、2021年にタイの外食産業の市場規模が前年比1.4~2.6%増の4,100億~4,150億バーツ(約1兆4,070億~1兆4,240億円)に拡大すると予測した。市場の脆弱(ぜいじゃく)性が高いとして、事業者には慎重な事業運営を呼び掛けている。

限定的なサービスを提供する店が2.4%、屋台が2.0%、フルサービス提供のレストランが0.7%、それぞれ成長すると予測した。中低価格帯の店舗は、政府の消費刺激策などの恩恵を受けると見込む。外食産業全体では、新型コロナウイルス感染症の再流行と競争激化、消費者の購買力の回復遅れなど、20年と同様にリスクの高い状態が続くため、慎重な投資・事業運営を呼び掛けた。

一方、事業者には、困難な状況を生き延びるため、移動性と柔軟性を重視した店舗の小型化推進を提案。具体的には、ポップアップストアや移動販売車両「フードトラック」、宅配に特化した飲食店「クラウドキッチン」の活用や、設置費用と運転資金が少なく済むキオスクの設置などを挙げた。


関連国・地域: タイ
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ人に「バンコクでお…(03/04)

クーデター翌週に輸入75%減 社会不安が影響、輸出減は限定的(03/04)

中小製造業のIoT活用支援 AOTS、人材育成を本格始動(03/04)

ヤマト、小口保冷配送でISO国際規格取得(03/04)

住宅オリジンと物流JWD、共同で倉庫開発(03/04)

タイ航空が再建計画提出、負債完済に10年(03/04)

不動産SCアセット、タイ初のICO実施へ(03/04)

10~14日に注文住宅の展示会、需要回復期待(03/04)

ドコモと協和エクシオ、東南アの5Gで協業(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン