• 印刷する

双日、南部の工業団地でレンタル工場

双日は16日、出資するインド南部の工業団地「双日マザーサン工業団地(SMIP)」でレンタル工場の賃貸を開始したと発表した。新型コロナウイルス感染症の流行で日系企業によるインド進出は限定的になっているが、製造業に対するインド政府の奨励策などを支えに工場の需要が今後高まるとみている。

第1期レンタル工場の入居者募集を12月に始めた。全体の床面積は4,000平方メートルで、1,000平方メートルから賃貸が可能だ。これまでに複数の企業から問い合わせを受けているという。

工業団地は南部チェンナイの市街地から車で90分の距離に位置する。総面積は115ヘクタール。レンタル工場に加え、電力や上下水道などの基幹インフラを整備した約60区画の土地も用意し、昨年12月から分譲を始めている。平常時は双日の日本人が1人常駐している。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インド乗用車販売4割減、半導体不足が影響(10/15)

コメ輸出価格がタイ上回る、コスト高響く(10/15)

テイクオフ:インド人が最も元気にな…(10/14)

タタEVが10億ドル調達 新会社設立、5年で20億ドル投資(10/14)

オメガグループ、EV特化の金融部門設立(10/14)

印中古車販売サイトのカーズ24、タイ進出へ(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン