• 印刷する

HIS、2カ国で西松屋のベビー服販売

HISのシンガポール店舗前に張り出された掲示。同国の日本人の間では、西松屋チェーンの商品が取り扱われると話題になっている=23日、シンガポール中心部(NNA撮影)

HISのシンガポール店舗前に張り出された掲示。同国の日本人の間では、西松屋チェーンの商品が取り扱われると話題になっている=23日、シンガポール中心部(NNA撮影)

旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)は2021年1月8日から、シンガポールとタイの支店内に構える日本産品・製品の販売店で、ベビー用品大手、西松屋チェーン(兵庫県姫路市)の商品の取り扱いを開始する。2カ国で西松屋の商品が販売されるのは初めて。まずはベビー服を中心に販売し、現地のファミリー層や日本人駐在員の需要を取り込む。

シンガポールでは中心部タンジョンパガーにある支店内で、既存の旅行カウンターを改装して今年10月にオープンした販売店に西松屋コーナーを設ける。タイでは、首都バンコク・アソークにある本店など国内10店舗で西松屋の商品を取り扱う。

ベビー・子供用の肌着や服、甚平などを販売する。商品の小売価格は日本での販売価格と同水準を保つ。2カ国とも、電子商取引(EC)サイトでのオンライン販売もする。

西松屋の商品は、現地から日本を訪れる観光客の間で一定の知名度があり、訪日旅行先で購入する消費者がいることから、アジア各国でも需要が見込めるという。

2年前から海外展開に力を入れている西松屋と、日本の良い商品を海外向けに販売する商社事業に力を入れているHISの間で思惑が一致した。今後は衣料品以外にも、商品の取り扱い幅を拡充する考えだ。1月中にはHISの中国法人でも西松屋商品の販売を開始する計画だ。

HISシンガポール法人の山岡信仁統括支店長はNNAの取材に対し、「今回の西松屋チェーンとの協業は、日本の良い商品を海外に出していきたいというHISの商社事業の一環だ」と述べた。


関連国・地域: タイシンガポール日本
関連業種: 繊維小売り・卸売り観光

その他記事

すべての文頭を開く

3月輸出額、単月で過去最高 非電子好調、見通し楽観視の声(14:41)

単純労働者の入国困難、感染対策徹底で(19:27)

カラオケまねきねこ運営社解散、コロナ禍で(19:27)

シンガポール航空、香港への乗り継ぎ中止(19:29)

配車グラブ、本拠シンガポールでも上場検討(19:29)

STエンジ、オーストラリア鉄道市場へ参入(19:29)

DBS銀、燃料用石炭企業への融資中止(19:30)

HSBC現法、「ハイブリッド型」勤務促進(19:27)

遠隔医療の免許付与、来年半ばにも開始(19:29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン