• 印刷する

東芝が中国でのTV生産終了、大連子会社解散へ

東芝は11月29日、遼寧省大連市の液晶テレビ生産子会社、大連東芝電視での生産を12月末までに終了すると発表した。苦戦するテレビ事業の構造改革の一環。自社拠点を集約し、生産委託先との協業を進めることで、一層の固定費削減と生産効率向上を図る。大連東芝電視は生産終了に伴い解散する。

大連東芝電視が日本向けに生産している機種は順次、生産委託に移行。中国市場向けの製品については現地企業との協業による供給を継続する。

大連東芝電視の設立は1996年7月。日本向けを主体に中大型の液晶テレビを生産していた。従業員数は約900人。

東芝が自社で持つテレビの生産拠点はインドネシアの1カ所となる。<全国>


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

テイクオフ:できるだけ個人情報が流…(09/30)

【ラオス経済通信】20年のGDP成長率、マイナス2.5%へ下方修正 第153回(09/30)

日本企業に地方政府が熱視線 博覧会開催、各地にモデル区(09/30)

ワクチン接種、医療従事者を最優先(09/30)

9月の輸出額、18%増の275億ドル(09/30)

コロナ対策「おおむね維持の方向」、林鄭氏(09/30)

交通インフラ投資、1~8月は10.5%増(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン