• 印刷する

現代モービス、系列社の半導体事業を買収

韓国現代自動車グループの部品メーカー、現代モービスは11日、グループ会社の現代オートロンの半導体事業部門を買収すると発表した。電動車や自動運転車といった次世代車に不可欠な半導体技術の競争力確保が狙い。買収価格は1,332億ウォン(約127億7,000万円)。

電動車は従来のエンジンとは別に、電気をエネルギーとした電動モーターを動力源とする。モーターや電池の制御、監視は半導体デバイスが担う。

現代モービスは今回の買収により、電圧制御に使うパワー半導体やシステムLSI(大規模集積回路)といった半導体のほか、車間距離や車線維持のための電子制御システムなどを開発し、完成車に供給する計画だ。

現代モービスはまた、半導体設計組織と制御システムの開発組織、ソフトウエア開発組織の間の垣根を取り払う。これまでは、制御システムと半導体の開発が分散して行われていたため、システムに最適化された半導体の開発や品質の検証能力に限界があった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏の警戒「2段階」、3月14日まで延長(12:20)

【コロナ禍1年】集団免疫に国民の協力不可欠 国際ワクチン研究所キム事務総長(02/26)

TSMCの世界シェア、1Qは56%に拡大へ(02/26)

コロナ感染者、2日ぶり300人台に低下(02/26)

政策金利0.5%据え置き、不動産の過熱考慮(02/26)

ワクチン接種者に「デジタル証明書」発行(02/26)

現代自、高級SUVアルカサールを今年発売(02/26)

20年末の家計負債、3カ月で44兆ウォン増(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン