• 印刷する

【20年の10大ニュース】コロナで明け、暮れる1年

昨年末に湖北省武漢市で初めて確認された新型コロナウイルスは、年が明けて2020年になり一気に全国へと広がった。

世界に先駆けてコロナ禍を経験した中国は、武漢の都市封鎖(ロックダウン)や企業の春節(旧正月)休暇延長、アプリで移動歴を残す健康コードの導入、感染が発覚した都市での大規模なPCR検査など、前代未聞の対策を矢継ぎ早に導入していった。

経済は国内総生産(GDP)が第1四半期(1~3月)にマイナスを記録するなど大きな打撃を受けたが、第2四半期(4~6月)には早くもプラス成長を回復。その後も工業、投資がけん引する形で復調ペースを加速させていく。

一方でコロナによる失業や所得減により消費は回復が遅れる。パンデミック(世界的流行)により外需も影響を受け、貿易は5月まで前年割れが続いた。米国をはじめとする諸外国との関係も、一部でコロナ対策などを巡りぎくしゃくした。

年初には「夏になればコロナも沈静化するのでは」との期待もあったが、コロナの影響は年間を通じて続いた。コロナで明けた20年は、先行きに不透明感を残したまま暮れていく。

集団感染(クラスター)が発生した山東省青島市では、1,000万人を超える市民がPCR検査に参加した。クラスターが起きた地域では同様の大規模なPCR検査を実施、多くの市民が臨時の検査場で列を作る光景が見られた=10月13日、青島市(新華社)

集団感染(クラスター)が発生した山東省青島市では、1,000万人を超える市民がPCR検査に参加した。クラスターが起きた地域では同様の大規模なPCR検査を実施、多くの市民が臨時の検査場で列を作る光景が見られた=10月13日、青島市(新華社)

【第1位】コロナ、経済・社会の様相一変

【第2位】日中往来制限、企業は対応苦慮

【第3位】急回復する中国経済、1Qは初のマイナスも

【第4位】米中、「第1段階合意」も対立続く

【第5位】NEV発展に向け新計画、25年に比率20%

【第6位】新5カ年は内需に力点、共産党が5中総会

【第7位】「輸出管制法」施行、日本企業も影響懸念

【第8位】経済特区40周年、深センのGDP1万倍に

【第9位】全国で洪水被害、例年の1.6倍

【第10位】中国版GPS「北斗」完成

【番外編】食べ残し撲滅を、習主席が “重要指示”


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:傘を差していても、横殴…(07/27)

大統領「投資法改正を」 最後の施政方針、中国に弱気発言(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

日系企業の業績、顕著に改善 4~6月期、国安法へは懸念拡大(07/27)

長時間通勤が減少傾向 インフラなど改善で、北京は悪化(07/27)

下期の電力使用量、6%増へ=業界予測(07/27)

太陽光発電の増設規模、今年65GWに(07/27)

ネット企業集中取り締まり、半年で「秩序整備」(07/27)

メドコ傘下の銅製錬所、中国企業連合が受注(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン