• 印刷する

テイクオフ:音楽かけて――。今では…

音楽かけて――。今では日常的に使うようになった人工知能(AI)の音声認識機能。いちいちキーボードで入力して検索せず、別の作業をしながら使えて便利だ。ただ、発音が不明瞭だと何度も繰り返し命令を出さなければならない時もある。

もう1つの問題点は、音声認識機能が標準語をベースとしているため、地方出身者が使いづらいという点だ。そこで韓国政府はデジタルニューディール事業の一環として、江原道・慶尚道・全羅道・済州道・忠清道の5地方の方言を収集する「あなたの方言を買います」プロジェクトを考え出した。

報酬は1時間の録音当たり1万2,500ウォン(約1,200円)。作られたデータは、韓国情報化振興院で来年から無料公開される。「もう一度言ってください」というAIの音声案内をこれ以上聞かずに、誰もがAIを利用できる時が来るのだろうか。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者、2日ぶり400人台に上昇(02/27)

首都圏の警戒「2段階」、3月14日まで延長(02/27)

【コロナ禍1年】集団免疫に国民の協力不可欠 国際ワクチン研究所キム事務総長(02/26)

TSMCの世界シェア、1Qは56%に拡大へ(02/26)

コロナ感染者、2日ぶり300人台に低下(02/26)

政策金利0.5%据え置き、不動産の過熱考慮(02/26)

ワクチン接種者に「デジタル証明書」発行(02/26)

現代自、高級SUVアルカサールを今年発売(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン