• 印刷する

全市民対象の大型支援策もうない、金サ局長

香港政府の許正宇(クリストファー・ホイ)金融サービス・財務局長は2日、新型コロナウイルス感染症の流行に関連した財政出動問題で、「政府は特定の業界に的を絞った政策に移行しており、市民全体が恩恵を受けるような大規模な支援策の実施はもうない」と述べた。3日付スタンダードが伝えた。

許氏はラジオ番組で、6月に実施した1万HKドル(約13万5,000円)の定額給付金(現金)支給などの市民全体が恩恵を受ける大規模な財政出動をこれ以上実施する可能性は極めて低いと発言。「観光業など、新型コロナの感染拡大で大きな打撃を受けている特定の業界や集団を対象に政策を実行する方が効果がある」との見方を示した。また、本年度の財政赤字は3,000億HKドルを超える見通しで、政府がコロナ関連対策に割り当てた支出は現在、域内総生産(GDP)の11%に相当すると言明した。

香港政府の本会計年度(4月~2021年3月)の財政赤字は、10月までの時点で既に3,125億690万HKドルに達している。

一方、立法会(議会)では、謝偉俊(ポール・ツェ)議員が現金給付の追加実施や給与所得税の免除などを提案。だが、許氏は巨額の財政赤字や不安定な世界経済を理由に、これらを実施する可能性を排除した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新たなコロナ感染者61人、累計9928人に(18:52)

本土マネー、勢い止まらず 資金純流入、既に昨年の3割超(01/22)

反落、30000突破後利益確定売り=香港株式(01/22)

ヘッジファンドの米エリオット、香港撤退へ(01/22)

香港とタイ、ファンド相互承認で覚書(01/22)

香港科技園、フィンテックセンターを開設(01/22)

新たなコロナ感染者70人、累計9867人(01/22)

20年12月のCPI0.7%下落、下げ幅拡大(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン