• 印刷する

長期滞在希望先、マレーシアが14年連続首位

ロングステイ財団(東京都千代田区)が発表した2019年版の「ロングステイに関する意識調査」で、マレーシアは日本人が長期滞在(ロングステイ)を希望する国・地域として14年連続で1位となった。

同財団の担当者は3日、NNAに対し、「長期滞在の日本人が多い点や治安の良さ、生活面での利便性などが好まれている」と説明した。近年は、定年退職後の移住のみならず、インターナショナルスクールへの入学を目的とした子育て世代の移住も増えているという。

長期滞在希望先の2位はタイ、3位は米ハワイだった。今回の調査ではベトナムが8位となり、初めてトップ10にランクインした。上位10カ国中6カ国が東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国で、移住先としての東南アジアの存在感が高まっている。

同調査は、19年1~12月に同財団主催のセミナーやイベントに参加した7,208人を対象に実施。有効回答数は1,097件だった。


関連国・地域: タイベトナムマレーシア日本ASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都の公園を再度開放、判断を一転(01/15)

サラワク州南西部に活動制限令、感染急増で(01/15)

必須サービスの定義明確化を、消費者団体(01/15)

ジェトロ、貿産省に抗議へ 制限令下で自動車製造停止などに(01/15)

新規感染3337人、過去最多を更新(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

RM1=25.7円、$1=4.04RM(14日)(01/15)

制限令下で小売16業種は営業可、自主休業も(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン