• 印刷する

テイクオフ:当地で顧客情報の流出が…

当地で顧客情報の流出が相次いでいることが、数カ月前に地元紙で話題になった。食品・日用品の通販サイトなどで大量の顧客情報が流出し、ネットで売りに出されていたという。自身も先日、これは情報流出につながってしまうのではと疑う出来事に出くわした。

中心部にある大型商業施設に出掛けた時のことだ。美容サロンの前を通りかかると、店長らしき女性に声を掛けられた。一連のセールストークが終わった後、自身が日本人だと明かすと、彼女は「日本人の顧客も大勢いるのよ」と熱弁し始めた。そしてあろうことか、12月に予約している日本人顧客の名前など個人情報をわざわざ見せようとしてきた。

いかに日本人に支持されているのかを示したかったようだが、顧客情報の取り扱いには気を付けてほしい。無論、同サロンのサービスや商品には、さらさら興味がなくなった。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを(01/15)

入国規制を強化、コロナ変異種の流行で(15:20)

コロナ追跡アプリの導入、小売店では保留(16:41)

ノジマが繁華街で商業施設運営、海外で初(15:23)

小売BHG、ロビンソン撤退後の施設に出店(15:25)

12月の民間住宅販売、前年同月比2倍(15:24)

環境庁、無人道路清掃車の試験運用開始(15:25)

豪通信TPG、大容量データの新格安プラン(01/16)

船舶作業員のコロナ対策、15日から強化(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン