• 印刷する

テイクオフ:先週金曜日のブラックフ…

先週金曜日のブラックフライデーで、大型セールが開催されたバンコクの商業施設は賑わっていた。その目と鼻の先で行われた反体制デモ会場もまた老若男女であふれた。

デモ会場は大型セール並みとはいかなくても屋台や物販が充実し、ダンスや楽器演奏のパフォーマーもいる。食事ではハラル料理の屋台があり、参加者の層は厚い。

物販は反独裁を示す3本指のイラストTシャツなどが主流だったが、警察の放水を防ぐのにアヒルの浮具を使ったことから、今ではアヒルグッズが大人気だ。ヘアピンからキーホルダーまでデモのたびに商品数が増えている。

ベトナム戦争の反戦の象徴となった花飾りのように、頭にアヒルの髪飾りを付けて一体感を生む。デモ会場に継続して足を運ばせる若者のアイデアと商魂たくましい露天商の存在が、タイ社会を考え直す人の裾野を広げているようだ。(京)

ラバーダックを髪飾りとして付ける反体制デモの参加者=11月25日、タイ・バンコク(NNA撮影)

ラバーダックを髪飾りとして付ける反体制デモの参加者=11月25日、タイ・バンコク(NNA撮影)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ政府が国家目標とす…(01/20)

キャラ活用、アジアに普及へ クオン、「世界観づくり」支援も(01/20)

ネット商談で食の輸出を支援 信金中金、まず香港で開始(01/20)

電動車の新規登録が13%増 コロナ下でも堅調、中国勢も開拓(01/20)

二輪タイヤND、宅配向けの需要取り込み(01/20)

市中感染158人、首都西郊で138人(19日)(01/20)

アストラゼネカ製ワクチン、週内に承認へ(01/20)

トヨタ、自動車の定額利用サービスを開始(01/20)

在京タイ大使館、全ビザの申請受け付け再開(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン