• 印刷する

EV充電設備の入札実施、200カ所600基

政府は国内200カ所にEV充電設備600基を設置する事業の入札を行う(LTA公式フェイスブックより)

政府は国内200カ所にEV充電設備600基を設置する事業の入札を行う(LTA公式フェイスブックより)

シンガポール都市再開発庁(URA)と陸上交通庁(LTA)は11月30日、電気自動車(EV)の充電設備の入札を行うと発表した。国内200カ所余りで、充電設備600基を整備する案件。政府が同様の入札を実施するのは初めて。2040年までに国内の全車両を、より環境負荷の少ないものとする計画の一環という。

21年3月12日まで応札を受け付ける。落札業者には、住宅不動産、工業不動産、公共駐車場、コミュニティーセンターなどでのEV充電設備の設置および運用を委託する。設置期限は22年7~9月期までとする。

政府は30年までに、国内のEV充電設備を最大2万8,000基まで増やすことを予定している。現在は約1,800基が設置されている。URAとLTAは、今回の事業の経過を精査し、今後数年間で複数回にわたって同様の入札を実施する計画だ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東南アジア各国で、新型…(01/18)

【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

日本からの出張者受入停止、就労ビザ申請可(01/18)

入国規制を強化、コロナ変異種の流行で(01/18)

コロナ追跡アプリの導入、小売店では保留(01/18)

ノジマが繁華街で商業施設運営、海外で初(01/18)

小売BHG、ロビンソン撤退後の施設に出店(01/18)

不動産投信リンク、外銀2行とSLL契約(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン