• 印刷する

テイクオフ:数日前、結婚してロンド…

数日前、結婚してロンドンに住む友人から連絡を受けた。新型コロナ陽性で首都圏の集中治療室(ICU)に入る義父を治療するため、新型コロナから回復した人の血漿(けっしょう)を確保するのを手伝ってほしいという緊急の連絡だった。

数多くの病院や非政府組織(NGO)に連絡をしたが、いまだ血漿は調達できていない。彼らによると、感染が広がり、また回復者も増えてドナーがたくさんいるはずのデリー首都圏や西部ムンバイで、コロナ回復者の血漿が極度に不足しているという。

どれだけの効果があるかは分からないが、血漿の調達を支援するツイッターアカウントやフェイスブックには、希望者の声があふれている。大都市の状況は悪化しており、増加するコロナ陽性者に医療インフラが対処できていないようだ。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の若いユーチューバ…(01/28)

タイヤ業界の利益が改善 20/21年度最大8%増、販売減でも(01/28)

廃車政策、公用車対象に22年4月導入(01/28)

建設やアニメ、政府がFDI規制の緩和検討(01/28)

民間雇用の7割を州民に=ジャルカンド首相(01/28)

CSR規定改正、拠出の透明性と柔軟性強化(01/28)

家電業界、エアコンと冷蔵庫の生産能力増強(01/28)

シャプールジ、北部の住宅事業に40億ルピー(01/28)

建設遅延の住宅件数、首都圏では19万件超(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン