• 印刷する

テイクオフ:「そろそろ日本への出張…

「そろそろ日本への出張が再開されるから、私もワクチンを打ちましたよ」。11月中旬、中国の大手企業の関係者からそんな話を聞いた。日中のビジネス往来が再開され、彼もさっそく出張準備を始めたかもしれない。

中国では新型コロナワクチンの開発が急ピッチで進んでおり、一部で正式承認前のワクチン接種も始まっている。今月初旬、約4カ月ぶりに感染者が確認された上海では、秋冬の流行に備えて感染リスクが高い空港作業員にワクチンの接種を手配したという。専門家によると、中国は来年前半までに十分なワクチン供給を確保できる見通し。今後ワクチンが実用化されれば、経済や生活の正常化はいっそう加速しそうだ。

あすから12月。コロナ禍の影響もあってクリスマス気分がどこまで盛り上がるかは不透明だが、世界を駆け巡るサンタクロースもワクチン普及を待ちわびているはずだ。(佳)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トーヨー、越発電所建設で中国企業と合意(17:36)

新型コロナ感染124人、再び3桁(18:42)

昨年の海外投資、42%減(14:11)

今週からワクチン接種開始 印から第1弾、75万人分到着(01/25)

テイクオフ:上海では週末、新型コロ…(01/25)

主要都市で感染報告続く 北京で英変異種、上海は3日連続(01/25)

今年の乗用車販売8%増、業界団体が予測(01/25)

大湾区航空、日本を含む104路線申請(01/25)

「乱収費」対策を強化、全国で取り締まり(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン