• 印刷する

12月9日は公休日、統一地方選挙の投開票で

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は27日、統一地方選挙の投開票が行われる12月9日を公休日とすることを決めた。公休日に関する大統領通達『2020年第22号』を27日付で公布した。

統一地方選では全国の9州、224県、37市の計270の自治体の首長が選出される。当初は9月に実施される予定だったが、政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて12月への延期を決定した。

■年末休暇はきょうにも発表か

地元各メディアによると、ムハジル・エフェンディ調整相(人材開発・文化担当)は27日、年末休暇の日程について30日の閣議後にジョコ大統領が方針を表明するとの見通しを明らかにした。

27日の閣議では、休暇日程の案が複数示されたものの、最終的な決定は出なかったという。

ジョコ大統領は先に、年末年始の休日を減らす方針について検討するよう関係各省庁に指示を出した。現在の日程は、12月24日から1月3日までの11連休が予定されている。

8月や10月の連休では人の移動機会が増え、その後に感染者が急増したこともあり、年末休暇の日程変更で感染拡大を防止する狙いがあるとみられる。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EUがWTOにパネル要請、ニッケル禁輸で(01/15)

デンソーとGMSが実証事業 小規模事業者向けの小口冷凍輸送(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

新規感染者1万1557人、2日連続で最多更新(01/15)

産業相の製造業成長率予測、専門家は疑問視(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

ワクチンで経済正常化、専門家は慎重な見方(01/15)

バリ空港の年末年始利用客数、前年比83%減(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン