• 印刷する

銅・ニッケル工業団地、レイテで開発

フィリピン貿易産業省のロドルフォ次官は24日、中部レイテ州に銅・ニッケル関連の工業団地を開発することを明らかにした。電気自動車(EV)の生産に必要な銅とニッケルの供給拡大を図る。26日付マニラブレティンが伝えた。

フィリピンの自動車産業は内燃機関車の生産でタイやインドネシアなどに後れを取っているが、EV生産では主要部材の銅とニッケルの主要生産国としての強みがあるとされる。政府は国内唯一の銅製錬・精製会社フィリピン・アソシエーテッド・スメルティング・アンド・リファイニング(PASAR)が本拠とするレイテに工業団地を開発することで、銅・ニッケル産業のバリューチェーンを強化し、EV生産を後押ししたい考えだ。

貿易産業省傘下の投資委員会(BOI)は同日、フィリピンが競争力を持つ分野への海外からの投資誘致を促進するキャンペーンを開始。電子、自動車、航空宇宙、IT・BPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)とともに銅・ニッケルを優先分野に指定している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「どんな変異だって。ウ…(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

変異種に警戒高まる 初感染者と同乗の13人陽性(01/21)

コロナ感染新たに1862人、計50万5939人(01/21)

港湾ICTSI、マニラ港の拡張完了(01/21)

シャングリ・ラ、2月から一時閉鎖(01/21)

東南アジアの訪日客、20年はコロナで82%減(01/21)

コカコーラのリサイクル事業に税優遇措置(01/21)

カガヤン州都、外出制限を再び厳格化(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン