• 印刷する

テイクオフ:友人の車に乗ると毛布が…

友人の車に乗ると毛布が積んであった。夏なのになぜ毛布があるのかと聞くと、ひょうが降った時の対策だと言う。オーストラリアでは夏になるとひょうが降ることはよくある。友人は以前うっかり野外に車を止めておいたところ、ひょうによってボンネットや車の天井に無数のへこみができてしまったらしい。

修理のため保険会社に電話したところ、指定された場所に車を持ってこいと言われて行くと、そこは広い場所で数十人の査定員がおり、同様の被害にあった多数の車を次々と修理査定していた。その日だけで千台もの車が訪れたとか。友人の車は、結局買い換えた方が安いと言われ、廃車になったそうだ。それからというもの、ひょう予報の時はあらかじめ毛布を車の上にかけておくのだという。

毛布、オ―ストラリアではどうやら別の意味で必需品のようで。(花坊)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:年末にスーパーでガーリ…(01/22)

豪12月失業率、6.6%に改善 人口増加率の低迷要因か(01/22)

豪テック企が採用拡大、5割超増員の企業も(01/22)

ブリスベンのマスク義務、きょうから解除(01/22)

豪ホテル客室稼働率が急落、州境閉鎖で打撃(01/22)

20年の石炭輸入量が過去最多、豪産けん引(01/22)

観光業の損失70億$、給与補助の延長要求も(01/22)

〔政治スポットライト〕米大統領就任、豪NZに恩恵(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン