【第2位】雇用情勢悪化、失業率は16年ぶり高水準

シンガポールの雇用情勢が大きく悪化した。新型コロナウイルス感染症の影響で、事業活動の縮小を余儀なくされる企業が相次いだことが背景にある。人材開発省が発表した7~9月期の雇用統計では、9月末時点の失業率は3.6%となり、2004年6月末以来、約16年ぶりの高水準に達した。…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅近所に日系の人気デ…(04/20)

現地ブランドの日用消費財人気 応援・手頃、外資との競争激化も(04/20)

スタディスト、テマセク系などから資金調達(04/20)

医療テック企業、コロナ禍で急増(04/20)

豪NZ渡航再開、政府は渡航先拡大へ(04/20)

不動産テック企業、有力法律事務所と提携(04/20)

電動バイクメーカー、運輸大手と販売提携(04/20)

新規感染20人、市中は1人(19日)(04/20)

後発薬の美時、タイ企業と東南アジア深耕へ(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン