大興国際空港総合保税区、正式に設置

北京大興国際空港総合保税区が24日、正式に設置された。昨年開港した北京大興国際空港周辺に設けられ、現代物流、国際貿易、保税加工、保税サービスの発展に重点を置く。中国新聞社電が伝えた。 同保税区は北京市と河北省の境界上に位置し、面積は4.35平方キロメートル。同区では…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

制裁対象株除外の方針撤回 最大ETF、「非米国人」理由に(01/15)

20年の貿易額が過去最高に 医療、巣ごもり需要で輸出拡大(01/15)

華南日系、日中ビジネス往来「改善望む」(01/15)

商務省の国際貿易交渉代表、3年ぶり任命(01/15)

中国ワクチン、有効性に疑問の声も計画維持(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

20年の中古車取引、3.9%減の1434万台(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン