• 印刷する

長和、アリペイHKへの出資比率引き下げ

香港の大手複合企業、長江和記実業(CKハチソン・ホールディングス、長和)が9月に、中国本土電子商取引(EC)最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)系の金融会社、アント・グループと合弁経営するアリペイHKの出資比率を50%から39.7%に引き下げたことが分かった。アントの出資比率は60.3%に上昇し、アリペイHKはアントの子会社となった。24日付スタンダードなどが伝えた。

香港政府会社登記処の資料で明らかになった。CKハチソンとアントは2017年、中国の電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を香港で展開するため、折半出資で合弁会社を設立していた。

同時に取締役会の構成にも変更があった。CKハチソンの霍建寧(カニング・フォック)共同マネジングディレクター(MD)などがアリペイHKの取締役会を離れた。一方で、アリペイHKの陳婉真(ジェニファー・タン)最高経営責任者(CEO)などが新たに取締役に任命された。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港で新型コロナウイル…(01/25)

政府、九龍で初の地域封鎖 1万人外出禁止で強制検査(01/25)

新たに76人感染、域内72人=計1万85人(01/25)

大湾区航空、日本を含む104路線申請(01/25)

続落、香港と本土のコロナ流行懸念=香港株式(01/25)

香港取引所、科創板銘柄を滬港通の対象に(01/25)

香港取引所、米ドル・オフショア元でミニ先物(01/25)

保険各社、コロナワクチン副反応の補償続々(01/25)

香港観光局、迎春商品販売サイトを開設(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン