• 印刷する

10月の6空港利用者、72.1%減の329万人

タイ空港公社(AOT)がこのほど発表した2020年10月の国内主要6空港の利用者数は、前年同月比72.1%減の延べ328万7,445人だった。10カ月連続のマイナスとなった。

利用者の内訳は国際線が99.1%減の6万3,798人、国内線が33.5%減の322万3,647人だった。新型コロナウイルスの影響で外国人旅行者の入国が制限されているため、国際線は大幅な減少が続いているが、国内線の利用者は回復基調にある。

空港別では国内線のハブとなっている首都バンコクのドンムアン空港が63.4%減の129万6,445人で最多。国内線が36.5%減の129万5,641人となった。減少率が最も小さかったのは首都東郊のスワンナプーム国際空港の国内線で、22.0%減まで改善した。

1~10月の6空港の利用者は、前年同期比66.8%減の3,919万8,137人。国際線が78.2%減の1,535万6,352人、国内線が49.8%減の2,384万1,785人だった。


関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

「SR400」生産終了へ、ヤマハ発の人気バイク(13:15)

タイ証取、上場企業向けコロナ支援策を追加(16:47)

英アストラゼネカ製ワクチン、FDAが承認(16:43)

首都の活動制限を一部緩和 ジムやマッサージ店、感染減少で(01/22)

テイクオフ:タイの国鉄フアランポー…(01/22)

市中感染125人、首都西郊で92人(21日)(01/22)

コロナ禍で20年は貧困層150万人増=世銀(01/22)

生活費補助第2弾、募集開始9分で定員到達(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン