• 印刷する

グラブフードが1周年、注文24倍に成長

シンガポールの配車サービス大手グラブは23日、ミャンマーで食事の宅配サービス「グラブフード」を開始してから1年が経過したと発表した。1日当たりの注文回数が1年で24倍に増えるとともに、発注単価も1.4倍に拡大した。

グラブは2019年11月に最大都市ヤンゴンでグラブフードの提供を開始し、20年7月には第2の都市マンダレーにサービス対象地域を広げた。現在の提携飲食店は1,500店舗以上、配達員は1,000人以上に上る。

民間大手の協同組合銀行(CB)と協力して注文から24時間以内に代金を提携飲食店に振り込むことができる仕組みを整えている。また、配達員が交通事故に巻き込まれたときの損害保険にも加入。配達員が新型コロナウイルスに感染した場合や、当局により施設隔離の対象になった場合には、20万チャット(約1万6,000円)の支援金を支給している。

グラブはグラブフードの1周年を記念し、30日までキャンペーンを実施中。一部の提携店舗は最大50%の割引商品を提供している。

ヤンゴン市内の飲食店から商品を受け取る配達員(グラブ・ミャンマー提供)

ヤンゴン市内の飲食店から商品を受け取る配達員(グラブ・ミャンマー提供)


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

週明けからワクチン接種開始、印から到着(01/22)

NLD、第2次政権の主要人事リストを作成(01/22)

新型コロナの死者3000人超に=21日夜(01/22)

11月の対日輸出は45%減 衣類荷動き鈍く、出口見えず(01/22)

〔寄り道〕政府が連日発表する新型コロナウイルスの…(01/22)

20年の外国人観光客、コロナ影響で75%減(01/22)

新規のコロナ感染確認、478人=20日夜(01/22)

マンダレーの農産取引所、4カ月ぶり再開(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン