• 印刷する

ヤンゴンの建設工事、コロナ対策すれば許可

ミャンマー当局は、最大都市ヤンゴンでの建設工事について、国が定める新型コロナウイルス感染症対策のガイドラインに従うことを条件に再開を許可する。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(電子版)が22日伝えた。

ヤンゴン管区建設監督委員会や、建設省傘下の都市・住宅開発局が明らかにした。建設工事の再開を希望する事業者は、同委員会や保健・スポーツ省が定める新型コロナの感染対策ガイドラインに従い書類を提出する必要がある。

同委員会の幹部は、「建設現場でガイドラインが守られていない場合、工事は一時中断される」と指摘した。

ヤンゴン管区建設監督委員会は今年5月4日、新型コロナ下で建設作業員の安全を確保しながら工事を継続させることを目的に創設された。

新型コロナの感染対策ガイドラインは、保健・スポーツ省や建設省などのウェブサイトで確認できる。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

20年新車市場、前年の2割減 今年は「コロナ前」超を期待(01/28)

ワクチン接種が開始、医療従事者に(01/28)

新規感染、11日連続で500人未満に=26日夜(01/28)

高速バス運行再開へ、乗車には推薦状が必要(01/28)

201万世帯に追加給付、560億チャット拠出へ(01/28)

外資は長期的視野で投資=ファンド幹部(01/28)

国軍、初国会前に総選挙批判で揺さぶり(01/28)

東部モン州、水産業への投資誘致を強化(01/28)

セメント工場で汚染物質削減へ、マンダレー(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン