• 印刷する

衛生陶器モーゲン、メラミン製洗面器を投入

タイの衛生陶器メーカーのモーゲン(タイランド)は、メラミン・プラスチック製品大手シータイ・スーパーウエアと提携してメラミン製の洗面器を開発した。モーゲンによると、メラミン製は世界的に例がないという。3世代向けに製品を投入し、2022年に同製品の売上高で1億5,000万バーツ(約5億1,400万円)超を目指す。23日付プーチャッカーンが報じた。

モーゲンのポントン社長によると、新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、セラミックやセラミック製の衛生陶器の輸入が困難なことから事業計画を見直し、入手が容易なメラミン製の衛生陶器の生産を決めた。メラミンを使うことでコストを10%以上削減できるという。また使用済み製品を原料として再利用できるため、環境保護につながるという。

3世代向けに発表した製品は、子ども向けバスルームシリーズ「トゥインクル・ハッピーキッズ」、若者向けの「クールジェン」、高齢者向け「エルダークシー」となる。子ども向けはカラフルで円形の洗面器、若者向けは1つの洗面所に異なる色の洗面器を2つ配置するデュアルデザイン、高齢者向けは軽量化で事故の防止につながることなどをアピールする。価格は1,800~2,200バーツ。

住宅開発会社に売り込むほか、全国100カ所の販売代理店、ホームセンター「ホームプロ」「グローバルハウス」などで販売する。22年の同製品の売上高で、今年のモーゲンの売上高見込み5億バーツの3分の1を目指す。


関連国・地域: タイ
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

首都の活動制限を一部緩和 ジムやマッサージ店、感染減少で(01/22)

テイクオフ:タイの国鉄フアランポー…(01/22)

市中感染125人、首都西郊で92人(21日)(01/22)

コロナ禍で20年は貧困層150万人増=世銀(01/22)

生活費補助第2弾、募集開始9分で定員到達(01/22)

香港とタイ、ファンド相互承認で覚書(01/22)

BMW、「5シリーズ」の新型モデル発売(01/22)

レッドラインの運賃、14~42バーツに設定(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン