• 印刷する

テイクオフ:コロナ禍の下とはいえ、…

コロナ禍の下とはいえ、ジャカルタではあちこちでビルやインフラの工事が進む。移り変わる都市の姿を写真に残そうと近所で撮影していると、近くにいた男たちに「そんなもの撮って面白いか?」と白い目を向けられた。

実はこの場所は自転車がはやりだしてから人気の撮影スポットとなった。早朝から望遠用の長いレンズを携えた人が集まり、自転車に照準を向ける。彼らには静止物よりも、次々と目の前を走り去るサイクリストの一瞬を切り取るほうが楽しいらしい。

週末は多くの大通りの一部が自転車専用レーンのようになった。朝から営業する飲食店前には自転車がずらりと並ぶ。ショッピングモールは臨時休憩所を設置したり、朝だけ自転車で館内に乗り込めるようにしたりと需要の取り込みに余念が無い。自転車の流行で、週末の朝の街も急激に変わりつつある。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

副大統領、土地銀行の早期設立の重要性強調(12/04)

閣僚訪日、政財界に新政府ファンド支援要請(12/04)

中銀、低金利維持で融資成長率9%目指す(12/04)

石油・ガス鉱区の権益放出も 国営石油、86カ所の投資誘致(12/04)

バイオ燃料義務化に課題、政策見直しの声も(12/04)

投資家保護強化のOJK令、月内公布へ(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

21年の成長予測を4%に引き下げ=OECD(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン