首都圏で新型コロナ感染急増 建設現場で拡大、地域に広がらず

マレーシアの首都圏クランバレーで、新型コロナウイルスの感染者が急増している。首都圏の1日当たりの新規感染者数は15日、国内のホットスポット(一大感染地)だったサバ州を超えた。建設現場でクラスター(感染者集団)が発生したためで、狭い寮で社会的距離を確保できないこと…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアの首都圏を含…(01/18)

日系昇給率、21年は3.8% コロナ禍で鈍化=NNA調査(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

制限令下で車製造可能、貿産省がリスト更新(01/18)

新規感染3339人、4日連続3千人超(01/18)

RM1=25.7円、$1=4.04RM(15日)(01/18)

国巨グループ、厚膜抵抗器の受注停止(01/18)

厳格な活動制限令の地域拡大、16日から(01/18)

緊急事態の状況監視する委員会設立、首相(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン