• 印刷する

テイクオフ:かつて日本に「私は子供…

かつて日本に「私は子供が嫌いです」と歌った流行歌があった。最近、それに共感している。

出勤時のバスはちょうど中高校生の登校時間。彼らには通学用定期が無料で支給されるが、申請用紙には、公的負担につき空席があっても座るべからずとされている。にもかかわらず、大人が立ち子どもが座る状況をよく見る。中には空いた座席の横に立つ感心な子もいるが、ほとんどは立っているこちらが目で圧力を掛けても、素知らぬふり。情けないが、その原因はイヤホンにあるとみる。音楽に夢中になり、学校近くで初めて気付いたようなふりをして降りてゆく子ら。

だが思い起こせば、東京の電車で寝たふりを続けたわが高校時代。こうして世代間の小さな争いは、国や時代を超えて繰り返される。さて問題は、大人世代になった自分が、無言の圧力を発し続けるべきか否かだ。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:公共放送ABCのニュー…(11/30)

岩谷、QLD州で水素生産計画 「グリーン水素を日本に」(11/30)

川重、豪オリジンのQLD水素輸出に参画か(11/30)

豪州産ワイン、AD措置を仮決定(11/30)

Jパワー、再生可エネ事業に豪州で初参加(11/30)

中国に入国できない豪産石炭船、82隻に増加(11/30)

中国、豪産ワインに反不当廉売の臨時措置(11/30)

〔政治スポットライト〕来月内閣改造、サイバー攻撃対策相を新設(11/30)

非道徳調達企業、NGOが豪小売り複数指摘(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン