国営事業への資金拠出、来年は大幅に削減

ラオス政府は、来年の国営事業への資金拠出について、大幅に削減する方針を示した。予算を割り当てる事業は、必要性が高いプロジェクトに限定する。政府債務の増加を抑制する目的。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が6日に伝えた。 来年の国営事業への予算割当額は1兆3,000億キ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

タイからのトラック、入国管理を強化(01/21)

センタラ、ラオスのホテル2軒の運営受託(01/21)

中老鉄路の工事進捗、95%達成(01/20)

ナムカン2水力発電所、周辺で魚が大量死(01/19)

ラオスで新書記長選出、党大会閉幕(01/18)

ボケオ県の一部、中国人コロナ感染で再封鎖(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン