【両雄】投資優遇措置が足かせにも:快走するシンガに「死角」

【第2回】チャイナリスクが顕在化する中、アジアにおける日本企業の統括拠点設置先で最有力となったシンガポール。対する香港は制度面では互角に張り合いながらも、注目度では陰りがみえる。ただ一見優位に見えるシンガポールにも「死角」があり、外資誘致の目玉である優遇税制が…

関連国・地域: 香港シンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

外出敬遠、宅配事業が盛況 ホテルも提携、デジタル決済増加(02/25)

日中韓から入国後は自己観察 14日間、教育省は自宅待機要請も(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

香港政府、韓国からの入境を禁止へ(02/25)

香港の旅行社、韓国旅行を中止=感染拡大で(02/25)

政府衛生当局、日韓避けるよう呼び掛け(02/25)

マカオ、韓国を高リスク地域に=新型肺炎で(02/25)

下船者、新たに2人感染確認=域内79人に(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン