• 印刷する

グラブが技術センター、中小デジタル化支援

シンガポールの配車サービス大手グラブは10日、インドネシアの南ジャカルタにある国内最高層ビル「ガマタワー」に、中小零細企業向けデジタル技術革新の拠点となる「グラブ・テック・センター」を開設した。テック・センターでは、中小零細企業のデジタル化を支えるソフトや技術の研究開発を担い、東南アジア諸国に展開していく。

テック・センターは、ガマタワーの9フロアを専有し、延べ床面積は1万2,000平方メートルを超える。グラブが運営する国内施設では最大の規模。

グラブ・インドネシアのリズキ社長は「インドネシアで操業する約6,400万社の中小零細企業のうち、デジタル化が完了しているのはわずか16%にとどまっている。中小零細企業の事業効率化につながる各種デジタル技術を試験する拠点を設置するのに、インドネシアが最適と判断した」と述べた。

グラブは、昨年発表したデジタル経済のエコシステム構築に向けた新しい社会イニシアチブ「グラブ・フォー・グッド」で、2025年までに東南アジア全域で屋台をはじめとした500万の零細事業者を対象にデジタル化を推進する目標を設定している。

センター内には、第3代大統領のバハルディン・ユスフ・ハビビ氏の名前を冠した多目的ホール「B.J.ハビビ・ホール」(床面積429平方メートル)も設置した。グラブは、エンジニアや科学者でもあったハビビ氏が、技術や革新を駆使してインドネシアの変革に成功したことをたたえるものと説明した。

グラブは「グラブ・テック・センター」を開設した(同社提供)

グラブは「グラブ・テック・センター」を開設した(同社提供)


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

2020年はホンダブリオが首位 モデル別販売、キャリイも上昇(01/22)

<資料>20年の日系モデル別自動車生産台数(01/22)

8日まで外国人入国規制、行動規制の延長で(01/22)

政策金利据え置き、今年最初の月例会合で(01/22)

政府投資会社の人事始動、閣僚親族の名も(01/22)

テルコム投資会社、2年でユニコーン輩出へ(01/22)

20年の石炭輸入量が過去最多、豪産けん引(01/22)

EVなどの充電設備、30年までの行程表策定(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン