• 印刷する

百貨店ロビンソンズ、コロナ禍で事業清算

シンガポール系百貨店「ロビンソンズ」を運営するロビンソン・アンド・コー・マレーシアは、事業の清算手続きに入った。首都クアラルンプール(KL)で展開している2店舗は閉鎖する。オンライン販売との競争が激しい上、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)による需要低迷が追い打ちをかけた。ロビンソンズはシンガポールからも撤退する。エッジなど地元各紙が10月30日付で伝えた。

ロビンソンズはマレーシアで、ミッドバレー地区の商業施設「ガーデンズ・モール」内と、KL中心部にある五つ星ホテル「フォーシーズンズホテル・クアラルンプール」に併設されたショッピングモール「ショップス・アット・フォーシーズンズ・プレイス」に出店している。ガーデンズ・モール店は操業13年以上、フォーシーズンズの店舗は2018年に開業したばかりだった。閉店セールを今後数週間、実施した後、閉鎖するという。

ロビンソン・アンド・コー・マレーシアの今年上半期(1~6月)の売上高は前年同期比8.5%減だった。

ロビンソン・アンド・コー・マレーシアとロビンソン・アンド・コー・シンガポールの2社のシニアゼネラルマネジャーを務めるダニー・リム氏は声明で、「消費者の購買行動の変化に伴い、長期的な成長は厳しいと判断した。コロナ禍が状況をさらに悪化させている」との見解を示した。

マレーシアとシンガポール双方で清算手続きに向け、暫定的に清算人を指定した。

ロビンソンズは、英領時代の1858年にシンガポールで創業。2008年にアラブ首長国連邦(UAE)ドバイの財閥アルフタイム・グループに買収されていた。


関連国・地域: マレーシアシンガポール中東
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

人口約3割分のワクチン確保、2社と契約(12:34)

テイクオフ:「彼氏と別れちゃった」…(01/27)

東南ア最大のFDI落ち込み 昨年68%減の25億ドル=国連試算(01/27)

【食とインバウンド】問われる日本のサステナブル(01/27)

20年新車販売、国民車が外資の牙城切り崩し(01/27)

新規感染3585人、ス州が最多の4桁(01/27)

RM1=25.6円、$1=4.05RM(26日)(01/27)

新型コロナ対策の手順書厳格化も、貿産省(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン