コロナで事業のデジタル化加速 東南アジア、零細事業者も導入

東南アジアの小売り・外食業界で事業のデジタル化が加速している。新型コロナウイルスの影響で店頭販売や店内飲食の機会が抑制されていることなどが背景にある。これまでITには無関係だった零細事業者によるデジタルツールの活用も進んでおり、ニューノーマル(新常態)下で域内…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信小売り・卸売りサービス


その他記事

すべての文頭を開く

11月のPMI、好況水準維持も指数低下(16:37)

ベトナムへの投資支援加速 UOB銀行、11億ドル誘致へ(12/04)

電材HD、現地クレーン大手を買収(12/04)

人工鶏肉の販売認可、米社が世界初取得(12/04)

代替食品専門の米投資会社、新興2社に出資(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

隣国同業を「買収する側」=配車グラブ幹部(12/04)

米資産運用ベアリングス、事業所開設へ(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン