• 印刷する

MG、プラグインハイブリッドSUVを発売

SAICモーター・CPが発表した「MG HSPHEV」=27日、タイ・バンコク(同社提供)

SAICモーター・CPが発表した「MG HSPHEV」=27日、タイ・バンコク(同社提供)

中国の自動車最大手、上海汽車集団(上汽集団、SAICモーター)とタイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループとの合弁会社SAICモーター・CP(上汽正大)は27日、新たに「MG(名爵)」ブランドのプラグインハイブリッド車(PHV)を発表した。

市場に投入したのは、スポーツタイプ多目的車(SUV)の「MG HSPHEV」。28日に首都バンコクで開幕した自動車展示・販売会「ファスト・オート・ショー・タイランド2020」や全国のディーラーで販売を開始した。同車の発売は中国、英国に続いて3カ国目。

排気量1500ccターボエンジンとヘアピン電気モーター、10速オートマチックトランスミッション(AT)、16.6キロワット時(kWh)リチウムイオンバッテリーなどからなるプラグインハイブリッドシステムを搭載。最高出力284馬力、最大トルク480Nmで、1回のフル充電でモーターのみで最長67キロメートルの走行が可能。ボディーカラーは白、赤、黒の3色。希望小売価格は135万9,000バーツ(約455万円)。

SAICモーター・CPと、MGブランド車を販売するMGセールス(タイランド)の社長を兼務する張海波氏は、声明で「ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、電気自動車(EV)に続く4つ目のパワートレインの選択肢としてPHVを提供する」とコメントした。

28日付バンコクポストによると、SAICモーター・CPは、年内に800台の販売を見込んでいる。

MGの2020年1~9月の新車販売台数は、前年同期比0.1%増の1万8,699台。MGセールス(タイランド)のポンサック副社長によると、このうちSUVが1万1,181台を占めた。

■500カ所に充電ステーション

張氏は、タイにおけるPHVやEVの普及に向け、充電ステーションの設置を拡大する方針を表明した。来年には500カ所まで増やす計画だ。

SAICモーター・CPは、充電ステーションについて、2つのフェーズで設置を進めている。第1フェーズでは、MGのショールームを中心に設置する。第2フェーズでショッピングモールやオフィスビルなどに設置を拡大していく計画で、不動産開発や小売りを手掛ける企業と提携交渉を進めているという。

また、ショールームについては現在の150カ所から、来年には170カ所に増やす方針も明らかにした。


関連国・地域: 中国タイ
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

投資委、タイのメディカルハブ化を推進(19:06)

PTT小売子会社、コーヒー事業会社を買収(19:06)

テイクオフ:優に100人以上は座れ…(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

PHV・EVの選択肢広がる 各社が新型車投入、エキスポ開幕(12/02)

ダイヤモンド電機、東部に生産機能を集約(12/02)

タイPTT合弁事業など5件認可、投資委(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン