• 印刷する

サムスン、越にバッテリー工場を計画か

韓国サムスングループでバッテリー事業を手掛けるサムスンSDIが、ベトナムでの電気自動車のバッテリー製造工場の建設を計画しているとみられる。ベトナム・インベストメント・レビュー(VIR)が27日に伝えた。

同計画は、ベトナムのグエン・スアン・フック首相と韓国サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が20日に実施した会談で協議されたもようだ。計画の詳細は明らかになっていない。会談ではこのほか、同グループの投資の拡大計画について話し合われたという。

李副会長は、ベトナム訪問中に、北部バクニン省やタイグエン省などの工場を視察。ベトナムでの事業は新型コロナウイルスの影響で、依然として課題に直面しているとの見解を示し、フック首相に対し投資環境の一層の整備などを要請した。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

1~11月、麻薬逮捕者は1.2万人超(12/03)

非現金決済、普及気運高まる モバイル経由、経済停滞でも増加(12/03)

市中感染1.4万人増、4波累計126.1万人(12/03)

1~11月の農産品輸出、44億ドル(12/03)

ベトテル、全携帯で利用可の電子マネー開始(12/03)

新生銀、軍隊商銀のカンボジア法人に出資へ(12/03)

国際線予約が一転再開、邦人帰国に対応へ(12/03)

ビングループ、10億ドルの資金調達へ交渉(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン