• 印刷する

テイクオフ:北部グルガオンに本拠を…

北部グルガオンに本拠を置く多国籍企業がオフィス面積を減らすことを決め、オフィス家具を従業員に販売するといううわさを聞きつけた。現場に行ってみると、多くの従業員がマイカーで駆け付けていた。

オフィス面積の削減は、「コロナ後も在宅勤務を奨励する」という同企業の方針の一環だった。ほかにも多くのインド企業が少なくとも来年まで在宅勤務を奨励する考えのようで、オフィスの縮小や、拡大計画の中止を検討している。

テック企業で働く友人らは、在宅奨励の方針を歓迎している。在宅の方が作業効率が高いらしく、大都市では往復で4時間かかる通勤時間の節約が、特に大きいようだ。家族と過ごす時間が増えるのもメリット。「在宅が許されるなら給与カットもOK」という者までいる。在宅勤務の普及に限って言えば、パンデミックよありがとう、というのが人々の本音かもしれない。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新幹線方式の高速鉄道、開業は最短で24年か(11/27)

7~9月GDP7.5%減、景気後退局面入り(11/30)

航空業界の苦境続く エアアジア深刻、運航制限が重し(11/27)

BS4適合車、最高裁が登録容認=販売店連合(11/27)

MGモーター、政府のEV走行実験に参加(11/27)

中国製電子機器の品質検査強化、輸入に遅れ(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン