来年の最賃、一部地域で上昇 首都は条件付きで3.27%高

インドネシアの全国34州の自治体が、来年1月から適用される最低賃金(UMP)を発表した。イダ労相が先月下旬に全国の州知事に対し、新型コロナウイルスの流行による経済への影響に配慮して今年と同額とするよう異例の要請を出し、多くの自治体がこれに応じたが、中ジャワ州など…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

首都知事がコロナ感染、無症状で職務継続(12/02)

燃料AKR、BPとEV充電などで提携強化(12/02)

年末の休暇を3日間削減、28~30日は平日に(12/02)

テイクオフ:自宅近くの商業施設にあ…(12/01)

パーム油価格は来年も高水準 業界予測、土地問題解決にも期待(12/01)

【加速するスマートシティー(2)】首都圏中心に開発進む インドネシア、新興企業と提携も(12/01)

西ジャワ州5地域の行動制限、23日まで延長(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン