【台湾法律講座】労働者が自主的に残業した場合の残業代請求の可否

雇用主が労働者に残業させた場合、法定の基準を下回らない額の残業代を労働者に支給しなければなりません。しかし、もしも雇用主が残業を求めていない、さらには残業に同意していないにもかかわらず、労働者が定められた勤務時間外に自主的に残業した場合、労働者は雇用主に残業代…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

義隆電子がMCU値上げ、来年1月から(12/04)

新型コロナ感染者、690人に(12/04)

月給3万未満が2割台に低下 賃金の上昇続く、飲食業に影響も(12/04)

来月の人材需要4.2万人増、過去6年で最大(12/04)

鴻海の11月売上高が過去最高、前年比1割増(12/04)

友達が海外工場新設を検討、東南アが有力(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

パネルや受動部品各社、春節も工場稼働(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン