臨時国会でデモ対応を議論 若者は独大使館に行進、調査要請

タイで連日開催されているプラユット首相の辞任や王室改革などを求める反体制デモの対応を協議するため、26日に臨時国会が始まった。2日間の日程で与野党が議論する。一方、デモを続ける学生ら若者は同日、首都バンコクのドイツ大使館に向かってデモ行進をした。普段はドイツに滞…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

投資委、タイのメディカルハブ化を推進(19:06)

PTT小売子会社、コーヒー事業会社を買収(19:06)

テイクオフ:優に100人以上は座れ…(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

PHV・EVの選択肢広がる 各社が新型車投入、エキスポ開幕(12/02)

ダイヤモンド電機、東部に生産機能を集約(12/02)

タイPTT合弁事業など5件認可、投資委(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン