• 印刷する

対タイ貿易、1~9月は19%減の55億ドル

カンボジアとタイの二国間貿易額は2020年1~9月に約55億6,900万米ドル(約5,840億円)と、前年同期比で19%減少した。地元各紙が伝えた。

タイ商務省によると、カンボジアからの輸入額は前年同期比48%減の9億5,800万米ドル、カンボジアへの輸出額は同9%減の46億1,100万米ドルだった。

貿易額の減少について、タイのパンヤラック・プーンサップ駐カンボジア大使は、新型コロナウイルス感染症による国境封鎖などで両国間の物流に支障が出ているためとの見方を示した。

一方、タイ企業の間ではカンボジア市場の将来性を高く評価する傾向に変わりはないと強調。カンボジアに進出するタイ企業は通常の操業態勢を維持しており、多くの企業が投資拡大の機会を探っているとコメントした。


関連国・地域: タイカンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英国の貿易優遇措置、来年から導入も(11/25)

滞納税管理で新省令発表、罰則定める(11/25)

南部州に再エネ機器到着、中国政府の支援(11/25)

【東南アジア人材の勘所】 異文化理解力とは(11/25)

環境省、メコン諸国の大気質予報サイト開設(11/25)

1~9月の縫製業失業者、5.5万人で4%増(11/24)

首都に新たな商業施設、21年半ばの完成予定(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン