アジア新興国の資本流入、比は落ち込み最大

世界の主要金融機関が加盟する国際金融協会(IIF)は、21日発表した海外からの資本流入に関するリポートで、2020年にアジア新興6カ国の中でフィリピンが最も落ち込むとの見通しを示した。8月に新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、厳しい外出・移動制限が実施されたこと…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アジア昇給率は4.3%予測 2022年の日系企業、NNA調査(12/08)

テイクオフ:地面に山積みになった二…(12/09)

首都圏、コロナ感染急減 1日約100人、患者ゼロの病院も(12/09)

新型コロナ、新たに370人感染(12/09)

フランスからの入国禁止、10~15日(12/09)

入管、比人向け電子ゲートの運用再開(12/09)

国家接種デー第2弾、700万回目指す(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン