アジア新興国の資本流入、比は落ち込み最大

世界の主要金融機関が加盟する国際金融協会(IIF)は、21日発表した海外からの資本流入に関するリポートで、2020年にアジア新興6カ国の中でフィリピンが最も落ち込むとの見通しを示した。8月に新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、厳しい外出・移動制限が実施されたこと…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

10月の失業率8.7%、一段と改善(11:23)

テイクオフ:野焼きでも始まったのか…(12/03)

セメント大手、業績回復 7~9月、建設工事再開が後押し(12/03)

コロナ感染新たに1438人、計43万4357人(12/03)

三菱パワー、地熱発電所の設備改修を受注(12/03)

アヤラ系と丸紅系の合弁、株主が合意(12/03)

ロペス財閥系持ち株、自主的に上場廃止(12/03)

サンミゲル、識別タグ搭載に猶予期間要請(12/03)

ルフトハンザ、格納庫の拡張再開(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン