• 印刷する

経済区庁、登録企業9割が事業再開

フィリピン経済区庁(PEZA)は22日、新型コロナウイルスの影響について、登録企業の87%に相当する2,620社が事業を再開したと発表した。段階的ではあるが、企業活動は改善しつつある。

9月21~26日に実施した調査で明らかになった。業種別に見ると、製造業の90%、ITビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業の83%が事業を再開した。

政府は新型コロナ対策で外出・移動制限を実施しているが、PEZA登録企業は厳格措置で大半の企業が活動停止を求められる中でも、一定の条件を満たせば事業の継続が認められた。プラザ長官は「新型コロナ下でも数千人のフィリピン人に雇用を創出している」と話す。

ベラスコ下院議長は、経済成長のけん引役として製造業誘致を促進するPEZAを支持する意向を示した。近く業界団体や各商工会議所と海外直接投資(FDI)に向けた会合の場を設ける見通しだ。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

税制改革第2弾、上院で可決 法人税引き下げ、企業活動後押し(11/27)

北イロコス州の州都、厳格措置に逆戻り(11/27)

コロナ感染新たに1392人、計42万4297人(11/27)

21年度予算、上院で可決(11/27)

BDO、野村HDとの合弁解消手続き完了(11/27)

10月の国際収支、黒字34億ドルに拡大(11/27)

マクロアジア、空港拡張で追加文書提出(11/27)

三菱系合弁、新たな住宅開発を始動(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン