• 印刷する

大雨や洪水被害、長引けば物流に深刻な影響

カンボジア各地で発生した大雨と洪水被害で、物資の輸送に遅れが生じている。この状況が長引けば、原材料の供給が停滞するなど生産部門への影響が深刻化する可能性もある。クメール・タイムズ(電子版)が20日に伝えた。

カンボジア物流協会(CLA)のシン・チャンティ会長は、「首都と地方を結ぶ輸送がさらに1週間遅れた場合、生産ラインが大きな打撃を受ける恐れがある」との懸念を表明。とりわけ、衣類や靴、農産物部門のダメージが大きいとの見方を示した。

一方で、「これまでのところ物流が滞っていることによる影響は少ない」と指摘。新型コロナウイルスの感染拡大により生産態勢が制限されていた上に、洪水被害を受けた工場もあり、原材料需要が縮小していることが奏功したとの見解を示している。

国内では大雨や洪水により、首都プノンペンと国内唯一の深海港であるシアヌークビル自治港(PAS)を結ぶ国道4号線など国道・州道は合わせて344キロメートル相当、農村部の道路は計1,459キロメートル相当が被害を受けた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

イオンモールが再開、3千人以上検査で陰性(12/04)

テイクオフ:インドシナ戦争を追った…(12/04)

市中感染2人増加、累計331人に(12/04)

ごみ収集業者を変更、首都で来年2月から(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

小売・観光業などに影響、市中感染発生で(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン