• 印刷する

地場治具メーカー、タイに工場で東南ア強化

RVフォームズ&ギアズのバーギーズ社長(同社提供)

RVフォームズ&ギアズのバーギーズ社長(同社提供)

インドの治具メーカーであるRVフォームズ&ギアズは、タイに工場を設置し、東南アジアでの販売拡大に乗り出す。レジ・バーギーズ社長がNNAの電話取材に応じ、タイ工場で自動車、自動車部品、電子機器の各工場向けの治具や設備を生産する計画を明らかにした。工場が完成すれば、RVにとって初の海外生産拠点となる。

バーギーズ氏は「タイでは合弁会社を通じて自動車と自動車部品工場向けのターンキー・ソリューション(納品後、顧客企業が直ちに利用可能な特定用途向け設備・システム)を提供しているが、さらに電子製造業向けも視野に入れて、製造と組み立ての拠点を整備する」と語った。タイで生産することで費用対効果の高いソリューションを提供し、タイ市場でのシェア拡大を目指す。工場の設置場所など詳細は開示しなかったが、稼働初期の従業員数は50~60人を見込んでいるという。

RVは国内ではマルチ・スズキやタタ・モーターズ、アショク・レイランド、TVSモーターといった自動車・二輪車大手、エスコーツといったトラクター大手を顧客に持つ。バーギーズ氏によると、世界有数の携帯電話会社の中国・インド工場向けにも治具と設備を開発した実績がある。日本や中国、インドネシア、ドイツなど10カ国にも製品を輸出。海外では東南アジアと中東での販売に重点を置いており、本年度(2020年4月~21年3月)の治具販売の30~40%は、東南アジアをメインに海外向けが占める見通しだ。

RVは、インドのエンジニアリングサービス企業ASMテクノロジーズの子会社。ASMは米国やカナダ、英国、メキシコ、日本などに拠点を構えている。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:映画好きのインド人の間…(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

封鎖解除から半年 コロナ禍の歩み、日系に聞く(12/02)

11月乗用車販売、現代など5社がプラス成長(12/02)

ジェットエア、来年夏に運航再開の可能性(12/02)

タタサンズ、エアアジアへの出資拡大を計画(12/02)

友訊科技、インドで生産委託を検討(12/02)

消費支出、21年は最大で6.6%増=フィッチ(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン