ポスコケミカル、黒鉛電極の国産化推進

韓国鉄鋼大手ポスコグループ傘下のポスコケミカルが、電気炉の電極として使用される黒煙電極の国産化を推進する。現在は全量(年間2,100億ウォン=約193億円)の6割を日本、4割を中国からの輸入に頼っている。19日付韓国経済新聞が伝えた。 ポスコケミカルは、年産3万トン規模…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

LGが系列5社分離で新会社 来年5月、経営権の継承完了へ(16:06)

コロナ感染者、2日連続で400人台(13:38)

SKの中国半導体工場、コロナで稼働停止(15:56)

テイクオフ:寒さを感じる週末の夜、…(11/30)

【加速するスマートシティー(1)】外資系大手が積極投資 ベトナム、複数省・市で開発進む(11/30)

コロナ警戒レベルを一部強化 感染急増で、高リスク施設を閉鎖(11/30)

コロナ感染者、4日ぶりに500人下回る(11/30)

関係改善を模索、日韓経済人がテレビ会議(11/30)

ロッテが若返り、50代前半の代表就任相次ぐ(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン