• 印刷する

日越が首脳会談、官民で12件の文書交換

菅義偉首相とベトナムのグエン・スアン・フック首相は19日、ハノイで首脳会談を実施した。フック首相は、日本が提唱する「自由で開かれたインド太平洋」構想に、ベトナムも積極的に協力していく考えを示した。両国の官民で、合わせて12件の文書交換が行われた。

菅首相(左)とフック首相が19日に首脳会談を実施し、供給網の再編などで協力を強化する方針を確認した=ハノイ(共同通信)

菅首相(左)とフック首相が19日に首脳会談を実施し、供給網の再編などで協力を強化する方針を確認した=ハノイ(共同通信)

菅首相にとって初の外遊先となったベトナム・ハノイでは、19日午前に首相府で歓迎式典を開催。その後の首脳会談では、日本がベトナム中部の水害に関する支援を約束し、国土を強靱(きょうじん)化するための情報や知見を共有する方針を示した。

また、防衛施設や技術の移転についても基本合意に達しており、2国間の軍事協力の強化に向けて大きく前進したとしている。このほか、日本とベトナムの間で、官民合わせて12件の覚書などが交わされた。日本の法務省とベトナム司法省の協力強化などのほか、民間企業では、イオンモールベトナムとホーチミン市が都市開発に関する覚書、ベトナム住友商事と北部フンイエン省が工業団地に関する覚書を結んだ。

■日本からのFDI、累計590億ドル

ベトナムと日本は1973年に外交関係を樹立。92年には日本がベトナム向けの政府開発援助(ODA)を再開した。2008年には日越経済連携協定(VJEPA)に調印した。

19年の貿易総額は399億米ドル(約4兆2,000億円、19年実績)で、ベトナムの貿易黒字は7億2,200万米ドル。ベトナムから日本への主な輸出品は「縫製品」が40億米ドル、「車・車部品・アクセサリー」が26億米ドル、「機械・機械設備」が19億4,000万米ドルなどとなっている。一方、日本からベトナムへの主な輸出品目は、「機械・機械設備」の47億米ドル、「コンピューター・エレクトロニクス」の45億米ドル、「鉄鋼」の13億6,000万米ドルなどが大きい。

日本からベトナムへの海外直接投資(FDI)は累計4,190件で、投資総額は593億米ドル。19年のFDIは17億3,000万米ドルだった。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

モバイルマネー、普及一気に 「金融包摂」期待、運用始まる(04/15)

鉄鋼価格、年初から50%上昇(04/15)

北米西海岸航路、コンテナ船が初寄港(04/15)

1Qの二輪販売、前年同期比4%減の70万台(04/15)

大和ハウス、南部3棟目の倉庫を着工(04/15)

民間航空局、コンダオ空港の夜間照明を提案(04/15)

トラックの車載カメラ、7月までに設置要請(04/15)

ホーチミン市、不法入国者の監視強化を要請(04/15)

マサン傘下の非鉄金属社、21年は5割増収へ(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン