• 印刷する

テイクオフ:「機内レストラン」の予…

「機内レストラン」の予約があっという間に一杯になった。シンガポール航空がコロナ禍で運航していない機材を活用し、今月下旬ごろに実施する特別サービスの利用者を募集したところ、予約開始から30分で席が埋まり、キャンセル待ちの登録も間もなく終了した。

機内での3時間の食事体験の値段は、エコノミークラスが50Sドル(約3,900円)で、最高はファーストクラスの600Sドルと決して安くない。あるクルーズ船の運行会社が実施する「遊覧クルーズ」も5日間で6,000件の予約が入った。寄港先がなく、船内の施設で遊ぶだけなのだが。以前のように気軽に出国できない中、少しでも非日常的な体験を味わいたいという人が多いのだろうか。

ウィズコロナの時代はまだ続きそうだ。これからも、さまざまな新サービスが登場し、コロナ下で満たされない人々の欲求を埋めていくことだろう。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

制限緩和の第3期は当面継続、上級国務相(15:28)

農作物商社オラム、20年は増収も減益(15:28)

大手3行の通期決算2桁減益 貸倒引当金増、見通し不鮮明(02/26)

シンガポール航空、3月2日から羽田便再開(02/26)

シナールマス・ランド、同業3社を買収(02/26)

スーパー紀ノ国屋、海外で初販売(02/26)

新カーシェア会社誕生、3月に営業開始(02/26)

配車グラブ、年内に350人増員(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン